突然の夜泣きの原因は生活リズム?

突然の夜泣きの原因は生活リズム?

いつもは夜泣きがないのに、ある日突然夜泣きしたり、逆にいつもは夜泣きが激しいにも関わらず、ある日は何事もなく朝を迎えたり、なかなか予想が立たないのが夜泣きというものでもあります。この違いはどうして生まれているのでしょうか。

 

一説によれば、赤ちゃんがいつもと同じ生活をしていたのかどうかが作用しているという話があります。赤ちゃんには赤ちゃんの、生活リズムが徐々に作られていくのですが、これが大きく崩れると夜泣きを起こすというのです。

 

たとえば、起床時間や授乳時間、回数、ミルクか母乳か、また昼寝の時間や回数、遊ぶ時間、お風呂の時間、就寝時間や環境など、いろんな要因から赤ちゃんは自分の生活リズムを作っています。いつもより早く起きた、遊びに行く場所が普段と違った、寝る時間が遅くなった、そういった事情から生活リズムが乱れたとき、夜泣きしてしまうことも多いのです。

 

何か不満があるわけではありません。違った生活リズムであったために、そのことに何かしらのストレスがあり、泣くという手段を通してそのストレスを処理しているだけだったりします。泣くとスッキリしますよね。赤ちゃんも同じです。ですから、過度に心配しないで、生活リズムを整えてあげることに気を遣ってあげましょう。

 

もともと赤ちゃんには個人差もあるものですから、他人と比べるのも意味のあることではありません。周囲は気にせず、赤ちゃんに没頭してあげてくださいね。

メニュー
最新記事