連作障害とは何か

連作障害とは何か

連作障害とは、同じ野菜や今まで育てていた野菜に近い種類の野菜を同じところで育てたときに、野菜の成長が悪くなり、場合によってはまったく育たないことを言います。連作とは、文字通り連続して作るという意味で、家庭菜園をしていると陥りやすい障害です。農家で、同じ種類の野菜を育てている場合でも、連作障害を防ぐために、毎年同じ畑で、野菜を作ることはしません。同じ畑の中でも、毎年場所を変えて野菜作りを行います。

 

連鎖億障害の原因は、野菜に寄生した害虫が土に残ってしまい、翌年、同じ野菜を同じ場所で作ったときに土に残っていた害虫がついてしまうことと、野菜に含まれる成分が土に分泌されて、土に残ってしまい、同じ野菜を植えるとその影響を受けてしまう、ということがあるようです。初めて野菜作りをするときは、土の状態に注意すればよいですが、次の年は、連作障害を防ぐために、どこで何の野菜作りをしたか覚えておきましょう。

 

連作障害は、どの野菜でも起きるわけではなく、かぼちゃや、たまねぎ、とうもろこしなどは連作障害が出にくい野菜のようです。連作障害を防ぐために、野菜によって間隔をあける期間が異なります。ナスは6年以上空けなければ、連作障害になる可能性があります。エンドウ豆、スイカも6年以上、トマトやピーマンは4年以上、インゲン豆は2年以上、キュウリも2年以上空けた方がよいとされています。

 

また、野菜によって、連作障害を起こしてしまうものがあり、大根を作った翌年にピーマンを育てると、連作障害になります。エンドウ豆を作った翌年にほうれん草を育てた場合も起こります。連作障害の被害を防ぎ、おいしい野菜作りを目指しましょう。

メニュー
最新記事